2009年 07月 24日
スペック Speck
オーストリアと国境を隣する北イタリア 
南チロル・アルトアディジェ地方の名産品

d0075014_5344235.jpg

スペック : Speck
その歴史は古代ロ-マ時代にさかのぼる歴史をもつ、食肉加工の結晶です


スペックの旨さの決め手は、気候風土を生かした大自然のおいしい空気のもとでの熟成です
豚のモモ肉のブロックを、香草とスパイス、5%以下の塩につけこみ燻製、乾燥熟成
なんと、最低22週間という長い工程をかけている “ 燻製生ハム “

プロシュ-トクル-ドより少し固め、塩味控えめ、かぐわしい燻製の香りが特徴
スライスしてそのままで、果物と合わせたり、パスタやピザ、オムレツ、トマトソ-スに使っても、とびっきりに美味しいよ~



さてさて、あこがれのスライサ-が手に入ってからというもの
スライス担当は陽子、監督は夫という2人3脚で、スペックづくしの我が家の食卓

今日は、薄切りスペック誕生までの、その様子をご覧下さい
本日のスライス担当は夫、私はカメラマン、というスペック以外は未熟なメンバー
d0075014_5352348.jpg

お土産でいただいたスペックは インテ-ロ intero = まるごと
一般家庭用中サイズのスライサ-の台から、はみでてしまうという贅沢な一品

話の腰を折るようですが、interoyoko インテ-ロ陽子は「まるごと陽子→全開陽子」の意でつけたネ-ミング


話は戻り、まるごとスペック

d0075014_536591.jpg

台に乗るよう、半分に切り


ちょっとキンチョ-、背筋を伸ばしてスイッチON

d0075014_5371834.jpg

透明のストッパ-で、スペックを強めにぎゅっと押さえながら

d0075014_5373484.jpg

ゆっくり奥に押し、ゆっくり手前に引く
包丁ではとても切りにくかった、強固なコテンナ ( 皮 ) の部分もすいすいです


スライスされたスペックは、こうして反対側に出てきます

d0075014_5375046.jpg

スライスの厚みはダイヤル0~9で調節自由自在
薄いと旨さが変わるのね、もちろん美味しく大変身しました
のこぎり跡のある、ぶつ切りのようなスペックとは、まるで別モノです

スライスしたてのほやほやスペックを、グリッシ-ニにくるんと巻いたり、
生野菜やピクルス、赤ワインを片手に、もう、だめ、とまらない、とまりません!
d0075014_5385157.jpg

しゃべるのと、切るのと、食べるが忙しいのに楽しい
前菜のつもりが、気がついたらメインディッシュとなった晩御飯でした

切り過ぎ、食べ過ぎに注意しよっと


それではみなさん、どうぞ お元気で!
よい一日をお過ごしください



欧州人気blogランキングへ
参加しています
1クリックで元気がでます!

[PR]

by interoyoko | 2009-07-24 05:43 | 寅さん


<< 猛暑8月に向けて準備中      ペスカとペ-ラ Pesca ... >>