2009年 12月 21日
キ-ノとコモ湖
切れるように冷たい空気の日曜日、氷点下13度の朝を迎えました。

こんにちは、みなさん お元気ですか!

d0075014_615912.jpg



寒いけれど好い天気! コモ湖散策に出かけました。


d0075014_6154679.jpg


案内してくれたのは、傘職人キ-ノ、フランチェスコ・マーリア
さすが、コモ出身! ではすまされないほどのご夫妻です。


d0075014_6165378.jpg

通りを曲がると友達に・・・
バールに入ると知り合いに・・・
バールを出ると親戚に・・・

出会い、そして、出会いの連続

暖かいホットチョコレ-トを飲んだり・・・
熱々の赤ワインを嗜みながら・・・
寒いね寒いねが合言葉・・・

バッチョバッチョ、アウグーリアウグーリ





「これはボルタの銅像


d0075014_6173992.jpg


「一万リラ紙幣にに描かれていた偉い学者だ。」




「あそこに見えるのは超高級ホテルVilla D’este



「その向こうに見えるのはヴェルサーチの別荘だよ」


d0075014_6184238.jpg


「あの木の陰はクルー二ー、ジョージの別荘ね、」



「何を説明しているの、今更~そんなこと、よう子は知ってるわよっ ねぇ、ようこ」




ちょんちょんと肘で脇腹をつつき合いながら笑ってドライブ
そして小さな渓谷にあるバールでいただいた、あつあつのリゾット。

d0075014_6191163.jpg


ほろ苦い冬野菜トレビザーナと優しいカボチャのプレのハーモニー、たっぷり山羊のチ-ズがとろりと口に広がります。

初めて会ったお姑さん、従兄弟家族、9歳の姪の笑う横顔を見ながらテーブルを囲んだお昼の一時は
どこか懐かしい、昔の記憶を思い出しているようでもありました。

太陽の陽射しは強いけれど、気温は氷点下
暖炉の煙突から昇る白い煙と、薪の香ばしい暖かい匂い、そんな小さな村の午後の風景。

d0075014_619399.jpg


コモ湖で過ごしたクリスマス前の冬の一日。

時が過ぎて振り返った時、きっと人生のなかで大切な出会いになっているだろうと、
そんなことを考えていました。


人気ブログランキングへ
参加しています
1クリックで元気がでます!
[PR]

by interoyoko | 2009-12-21 06:20 | ブラザ-


<< 雪のソルフェリ-ノ通り      雪の夜に >>