2008年 11月 29日
クック~ CUCU’
d0075014_3103766.jpg

今週、月曜日に初雪が降りました

風がなく、それほどまでに寒さは感じないけど
日中の気温は7度前後のモンドニコ

←は昨日撮った
隣町カルコの農場の残り雪と牛






そして今日は金曜日、 明け方から雪がしんしんと降り始め

d0075014_3111177.jpg


真っ白の朝を迎えたモンドニコより、こんにちは
みなさんお元気ですか!

水道管の調節や、湯たんぽ、ゴム長靴、雪かき道具・・・と冬支度をごそごそしてました
気温が急に下がってきた夕方4時過ぎ、除雪車の大きな音が聞きながらブログ更新しています


雪と直接関係ないのですが、
ちらちら、しんしん、はらはら、ふわふわ、ごそごそ・・・・・といった擬声音が豊富な日本語に比べ
音で心情や気配を伝えられる 擬声語 L’Onomatopea は伊語にはあまりありません

で・・・
密かに新しいコミュニケ-ションツ-ルが流行中、もちろん身内でね

「日本語擬声音入りイタリア語会話」です

ガチャン、 ポ~ン、 パチン、 ウロウロ、 コロコロ・・・・・
伊語の発音に対する綴りは日本語のローマ字綴りに近いので、リズム感ある伊語の中に擬声音が溶け込みやすいのです
それに、いったん覚えてもらえればとても便利・・・例えば

「何か怒ってる?」 → 「カチン?」
「おかしいな~どうしてだろう?おかしいな・・・」 → 「アレ-ッ?」
「冷蔵庫の残り物ス-プ」 → 「ゴジャゴジャスープ」

といった具合ですので、
イタリア語文法の上達には全くぜんぜん役立たないどころか、
イタリア人でさえ、ちんぷんかんぷんイタリア語を使うようになりますのであしからず


そういえば、かなり前からイタリア若者の間で根強い日本漫画ブ-ム Manga
"Fura Fura" "Shiiiin" " Pika" "Girori"・・・・
騒音ではなく、感情や気配を音で表す日本の擬声語で通じ合える日が
いつかほんとに近い将来やってくるのかも?・・・しれませんね

でも、あるんですよかわいいイタリア擬声語
隠れていた子供 が ここですよぉ バァ~ とする時に使う擬声語は
「クック~」CUCU’  カッコーの鳴き声の数で時刻を知らせる柱時計の音からきているとか




早いもので今年も残すところ1ヶ月あまり
寒さが厳しくなってきましたが、みなさん身体に気をつけて
お元気で、よき週末をお過ごしください!


人気blogランキングへ
参加しています
1クリックで元気がでます!

[PR]

by interoyoko | 2008-11-29 03:17 | 寅さん


<< カンティ-ナ Cantina      木枯らしの翌日 >>