2009年 06月 01日
ビグノニア Bignonia
今朝も晴天、気温は17度
風が強くちょっと肌寒いくらいの朝を迎えました 

おはようございます、みなさん お元気ですか!


あまり日の当たらない 庭へ続く階段で

d0075014_575563.jpg

ビグノニアの木 Bignonia



樹齢70年の足元は

d0075014_582285.jpg

ひげもじゃら



お日様へお日様へと
せいいっぱい伸び上がる新緑の葉

d0075014_584484.jpg

こんなに茂っていたなんて、、、いつの間に
毎日見ているようで見えてないものがいっぱいです、何事も


ぽつぽつ膨らみ始めた 黄色いビグノニア

d0075014_59463.jpg

Bignonia Campsis “ Flava “


一番咲きは 濃いオレンジ色のビグノニア

d0075014_592130.jpg

Bignonia Campsis “ Galen “



ビグノニア は丈夫で乾燥寒さにも強く、成長の早いツル科の植物
ア-チ型にしたりフェンスにしたりイタリアの初夏を彩る元気な花

「落葉樹の場合は、剪定をしっかり行うこと-
熟枝はカギ針のようになっていて、壁を這うと樹液がシミになって取れないから注意して。」
と若い庭師ルイジが、そう教えてくれました
樹木がカラカラにささくれているので、水をもっとあげた方がいいのかしらと尋ねると
「ノンチェ プロブレマ ( Non c’è problema ) 」
だいじょうぶ、樹皮のささくれがビグノニアの特徴なんだよと。。。



庭仕事、あれもしよう、これもとしようと予定だけは立てていても
いつも草抜きに始まり草抜きだけで終わってしまいます
涼しくて気持ちがいいこんな朝は、土を耕し掘り上げてみよう
お日さんとからりとした風に感謝して、土を干そう
来年のために。。。

d0075014_510991.jpg

道具だけはいっちょまえ
腰を入れて気を入れて
そんな感じで今日もいってみたいと思います




欧州人気blogランキングへ
参加しています
1クリックで元気がでます!

[PR]

by interoyoko | 2009-06-01 05:16 | モンドニコの里


<< ピッティウオモ Pitti ...      バジリコ Basilico の様子 >>