タグ:イタリア野菜栽培 ( 36 ) タグの人気記事

2009年 07月 18日
ルッコラ Rucola の様子です
こんにちわ、みなさん お元気ですか!

さて今日は、プランタ-育ちのルッコラの様子など・・・

種まきは4月半ば、発芽までは約3週間、虫食いもなく世話いらずのルッコラ栽培
日当たりがよい場所に水を切らさないようにしただけで、すくすく元気に育ちました
こちらは5月半ば過ぎののルッコラです
d0075014_4415771.jpg

葉っぱの部分をちょんちょんと摘み、サラダやピザにのせて生で頂くのが私は好き
辛み苦味と香りが、個性ある旨みの葉野菜です
摘んだ部分は数回のサイクルで伸びますが、約2ヶ月経たないうちにトウがたちました

今は、こんな小さな黄色い花が咲いています

d0075014_4422050.jpg

ルッコラ : Rucola の花 


なんともアンバランスな長い茎には

d0075014_443274.jpg

空に向かってつんつんと、細いお豆さんのような鞘がついてます

その配置がなんとも幾何学的で印象的、ルッコラのぎざぎざ葉っぱとどこか似ているね

・・・・ で、この鞘の中、もしかして?

d0075014_444644.jpg

「鞘がいずれ茶褐色になって枯れた後、種が取れるよ。」と、庭師のルイジ
もしかして?が、もしかでした!


種、モンドニコで育ったルッコラの種だと思うせいか、特別の感情が湧いてきます、なんだかとても愛しい気持ちです
d0075014_4444989.jpg


枯れることは生命の大切な過程なんだなとしみじみ感じながら、
新しい生命の誕生への可能性を、なんとか活かしてやりたいなと思っています



ということで、種・・
様々な言い回しや比喩として用いられる言葉 “種”
物事の“本質”とは種のようなものだということを私たちが知っているからかもしれません
イタリア語では男性名詞 Seme セーメ 、動詞 「種を蒔く」 は seminare セミナ-レ

Chi non semina non raccoglie. まかぬ種は生えぬ
Chi semina vento, raccoglie tempesta.
風を蒔いた者は嵐を呼ぶ → 悪行を行うものはそのためにさらに酷い応酬をうける → 身から出た錆、自業自得
「風を蒔く」 なんて独特の表現はおかしいけれど、的を得てるので逆に覚えやすい諺です
会話の中で 「そりゃ、自業自得というものよ」 という時によく使う表現の一つは
L’hai voluto tu! あんたがそうしたかったんでしょ!



7月もいよいよ残り2週間といった、夏のバカンス間際になってから
ばたばたと仕事に追われている今日この頃
これってもしかして、Chi semina vento, raccoglie tempesta. 自業自得!?
ひぇ~
まさしく、Si raccoglie quel che si semina. 自分でまいた種は自分で刈らねばならぬ。
ですね

それではみなさん、今日も一日 元気でね!



欧州人気blogランキングへ
参加しています
1クリックで元気がでます!

[PR]

by interoyoko | 2009-07-18 04:49 | モンドニコの里
2009年 07月 15日
畑の3ヶ月を振り返って
曇り空で湿度が高い そんな午前6時のモンドニコ
天気予報によると、40度を越す猛暑が到来するとかしないとか

d0075014_17512528.jpg

朝の 水遣り : Annaffiamento


おはようございます、みなさん お元気ですか!


さてさて何事も、学習 、反省 そして 前進 が大切です

ということで・・・
今朝は、この3ヶ月の畑のこと、思ったり感じたことをつらつらと・・・


出掛けるとつい種屋さんに入り、美味しいレシピをいろいろ頭に思い描きながら探し求めた野菜の種
桜の便りがようやく届いた早春から、畑に11種類・プランタ-に7種類の種を次々と蒔きました

発芽しない種にがっかりしたり、なかなか芽が出なくて心配した野菜もありました
病気や害虫と闘って、自然のサイクルに関わりながら姿を消してしまった野菜もありました

一粒の種から新しい生命の誕生、時間と空間の中でゆっくりと変容し続け、いよいよ目の前で実を結ぶ
そういった収穫までの過程を通して、普段忘れてしまっている季節の喜びや、植物の神秘を感じることができたことは
私にとってかけがえのない収穫、宝物だと、3ヶ月過ぎた今感じています


d0075014_1752270.jpg

食べても食べても追いつかず、トウがたち
クリスマスツリ-のようなサラダ菜

消費量を考えず無駄に種を蒔き過ぎました、
反省です






意を決して抜きました、チコリ菜は伸びすぎた葉っぱ部分を刈り込み
d0075014_17524381.jpg

こうやって根っこを残すと、またすぐにやわらかい新葉がでてきます


庭で育った新鮮な野菜の並ぶ食卓は、美味しいだけじゃなくて笑顔と弾む会話も届けてくれる贈り物
しかしたとえ芽が出なくても、花が咲かず実がならなくても、
もうがっかりすることなどないのです
来年は、もっと太陽や地球を楽しめるように、もっとも野菜が自己表現できるようなタイミングで種を撒いてあげようと思います



あっれ~  ブログ更新中に大粒の雨
暑いのか、暑くないのか、なんだかよくわからない不思議なお天気です

それではみなさん お元気で!


欧州人気blogランキングへ
参加しています
1クリックで元気がでます!

[PR]

by interoyoko | 2009-07-15 17:59 | モンドニコの里
2009年 07月 09日
Ravanello ハツカダイコン Rapa カブラの覚え書き
みなさん こんにちわ、お元気ですか!

さて七夕の満月の午後に、円筒形の ハツカダイコン Ravanello とカブラ Rapa の種を蒔いた覚え書き
d0075014_2013136.jpg

ハツカダイコンの種は3ミリぐらい、小さいこんぺいとうのようなピンクベージュ( 左 )
1ミリくらいの丸型の濃いボルド-色は カブラの種


カブラの種はチロル地方で購入、ドイツ語表示でチンプンカンプン
いつも種袋の野菜の写真に惹かれてあれもこれもと衝動買いの私です
秋カブラっぽいけれど種まき時期の挿絵もなく、まぁ年中かぶらもありかなと思い切って蒔いてみました

一畳くらいのミニスぺ-ス、丸型ハツカダイコンと黒かぶを植えていた場所に種まきです

d0075014_20145072.jpg

丸ハツカダイコンは大好評で完食でしたが、黒カブの一部は右写真のようなやせっぽち
土から伸びる首の部分が、やけに長くてひょろひょろです
なかなか思ったように成果は得られません、、、意を決して引っこ抜きました


土を耕しながら気づいた事は、育たなかった部分の土がすごく固いこと!
耕し方が不十分だったのかしら、土がカチカチで成長がストップしたのかも?


ということで今回は、根の部分が成長しやすいかなと、雰囲気的に高畝に挑戦してみました
d0075014_20151483.jpg

階段の上から撮った種を蒔いた場所、西日の強い19時前



ピリリと辛味のあるハツカダイコンと甘味のあるカブラ、なんとか収穫のご報告がお皿の上でできるようにがんばりま~す

雲一つない透き通るようなスカイブル-の空から、そよ風が流れる午後一時
今からミラノに出発です、行ってきま~す


それではみなさんよい一日を、お元気で!



欧州人気blogランキングへ
参加しています
1クリックで元気がでます!

[PR]

by interoyoko | 2009-07-09 20:17 | モンドニコの里
2009年 07月 07日
ぺペロンチ-ノ復活しました
おはようございます、みなさん お元気ですか!

白い花が咲き、実が生った、と思ったとたんにやられてしまいました・・・
という過去をもつ鉢植えの 唐辛子 ぺペロンチ-ノ ( 以下ぺペロン )


今日は、ぺペロンの害虫対策6月4日、以降の様子画像です

d0075014_56576.jpg


支え棒に使っている枯れ木同様の姿になった後、茎が黒ずんでいたぺペロンでしたが、5本の内 3本がみごと復活!

d0075014_572844.jpg


苦境を超えて今はふさふさグリーンのぴかぴかミニぺペロン、たくまし~い 
実と花にいたるまでの柄の部分 花柄?がツイストしていて力強くかっちょいい~ なんて親ばか、ですね
注目したいのは、害虫対策用に土に刺した 「にんにくと唐辛子」 効果
いわゆる害虫除けになっているのか、土への栄養とか浄化、活性化にもなっているのかわかりませんが
ぺペロンが元気に育っていることは間違いなし、プラス効果大だったと信じてなりません


現在 高さは33センチ、花と蕾の数は18個、実は7個
キュウリのような雌雄異花ではないので、この様子だと今回は前回を大きく上回る収穫見込み
前回収穫数は2個・・・ だったからね ワクワク


今のところ小さい蜘蛛やアブラムシや蟻、といった虫は未発見
一日一度、ばけつをひっくりかえしたような雷を伴う夕立が続く天候のおかげかな? 
虫たちも強風に飛ばされたのかもしれません
唐辛子に水の遣り過ぎは禁物だと、水をほとんど遣らなかったことも、もんもんと一人反省

なるべく自然の中でたくましく、いざというときには手助けができるように
私も勉強しながら日々野菜たちと会話してゆきたいと思います


明日は七夕ですね、
ブリアンツァ地方の天気予報はあやしいけれど、夜空を見上げたいと思っています


それではみなさん お元気で!
よい一日を、そしてすてきな七夕をお過ごしください



欧州人気blogランキングへ
参加しています
1クリックで元気がでます!

[PR]

by interoyoko | 2009-07-07 05:13 | モンドニコの里
2009年 06月 29日
一点ものキュウリ Cetriolino Piccolo Verde di Parigi
庭で育てている小さなキュウリは、ピクルス用のキュウリです
実のサイズは 6~10センチ と短型で濃緑色、いぼいぼが痛いほど尖がってます

d0075014_1834411.jpg

ミニキュウリ : Cetriolino Piccolo Verde di Parigi


朝な夕なに眺めていた 一本のミニキュウリ
いよいよ収穫を決意いたしました

d0075014_18362812.jpg

切り口から 水分がほろほろとこぼれるようにでてきます
ぜったい大事に食べなくては、と思った瞬間です
なんとも言えないきゅうりの匂い・・・当然か、でもうれしい


おめでたいので朱塗りのお皿に載せました~

d0075014_18365273.jpg

長さは6センチ、小ぶりだけれど頼もしいほどガッチリ型



ということで・・・

お昼ご飯

d0075014_18371813.jpg

一点ものキュウリ



半分ずつにして、調味料は何もなしで、いただきました
「おっ、こりゃ旨いな!」 と夫の一言 ( 真面目な声 )

やだな~ 照れちゃう


d0075014_18413375.jpg
もううれしくってね、しつこいですけど断面の写真も取ってしまいました

大事にだいじ-にいただいた一本のきゅうり
がっつりたっぷり食べれるくらいの大豊作のあかつきには
ピクルスを漬けまくりたいと密かに夢みています






さあ、新しい一週間のスタ-トです
それではみなさん お元気で!


欧州人気blogランキングへ
参加しています
1クリックで元気がでます!

[PR]

by interoyoko | 2009-06-29 18:39 | モンドニコの里
2009年 06月 28日
雄花 Fiore staminifero と 雌花 Fiore pistillifiro
おはようございます
みなさん、お元気ですか!

さて今朝は、伸び盛りのキュウリの様子です


d0075014_545960.jpg


おっと、巻尺を忘れたので身体でもって計測しました
腰の位置あたり、ということは1.1メ-トルぐらいかな

このままゆくと来月初旬には胸の位置、夏休み前には私を軽く超えるのか?! といった勢いです


しばらくきゅうりの前にしゃがんで花をみつめていると
ふとっ・・・・

「伸び盛り」 と 「育ち盛り」 の違いが気になりはじめた、わたし

こんな感じで

d0075014_546484.jpg


花の数は  75個

そのうち花のついたキュウリの実は、3つ

d0075014_5475241.jpg

背は伸びてるし花もたくさんだけど。。。 実が。。。 きゅうりが 。。。 少ないかんじ


あっ、そうか~ !!

キュウリには雄花 Fiore staminifero ( 上の花 ) と雌花 Fiore pistillifiro ( 下の花 ) があることに
よ-うやく気がつきました
そういえば小学校の理科の時間に。。。
へちまを教材に学習したっけ 。。。 いやいやまったく。。。 たしか実が生るのは雌花だけ


あっ、蜂です
d0075014_549774.jpg

観察していると、雄花にも雌花にも隔たりなくぜんぶとまってゆきました
キュウリが生るのは雌花だけれど、実が元気に育っていけるのは、こうした蜂たちのお陰なのかもしれません

実のならない雄花もそのままに、そして小さなキュウリの実をつけた雌花も収穫せずに
もうしばらく、そのままにしておくことにしました
もちろん食べるのも楽しみな野菜ですが、こうして日々の成長をみるのもとても楽しいです

それでは皆さん お元気で!
よい週末をお過ごしください


つまらないことですが。。。
<追記> 
キュウリと蜂の観察をしている束の間に、もうやめてください、というくらい蚊にかまれました
自慢じゃないけれど、私は、しっかりした厚手の生地の長袖長ズボン靴下はもちろん首にはタオルを巻いています



欧州人気blogランキングへ
参加しています
1クリックで元気がでます!

[PR]

by interoyoko | 2009-06-28 05:56 | モンドニコの里
2009年 06月 26日
お米のサラダと香りの食べ方
イタリアには梅雨の季節がないなどと・・申しあげてしまった矢先
一日中曇り空、無風で蒸し暑く、まるで梅雨入りかしらといった一日でした

d0075014_2256858.jpg

夏至を過ぎたばかりの空の様子、昨夜10時前
その後、雨と雷が大暴れ、台風のような一夜を過ごしました



そんな蒸し暑い夜には、こんなさっぱりご飯をいただきました

d0075014_22563685.jpg

冷たいお米のサラダ Insalata di Riso



d0075014_2257548.jpg
この白いごぼうのような野菜は、
ソンチ-ノ Cicoria di Soncino

背景に写っているのがソンチ-ノの葉っぱ
サラダ菜チコリ Cicoria

豊富なビタミンB、C、消化やお腹の掃除を助ける
チコリ菜の根っこがソンチ-ノ です
味はかなり 苦ニガ!
輪切りのソンチ-ノを、お酢を入れた熱湯に20分ほど浸しサラダに投入

もちろん生でもOKですが、なんとなく梅雨っぽい季節にはお酢味が爽やか



冷蔵庫にあった野菜いろいろ
セロリ、ニンジン、酢漬けの小タマネギ、オリ-ブ、ケッパー、ピクルス、カルチョッフィ
そして畑からは、軽く蒸したカブラと酢味のソンチ-ニをすべて角切り
プロシュ-ト、チ-ズとざっくり混ぜて、食べる直前にEXVオリ-ブオイルでフィニッシュ

葉っぱ類が多い私の畑の作物では作れない、お百姓さんに感謝しながらの野菜満載の夏向きのサラダ
いつかはきっと、畑のキュウリと小タマネギも参加させて作るのがたのしみ・・です



d0075014_22584483.jpg
テラスの香草を、夫が摘んできてくれました
パセリとバジル、そしてミントが一本??

どうするのかなと見ていると

まず、ミントを鼻の近くに・・

そして、ゆっくり香りを深呼吸・・・

続いて、お米のサラダをパクッ・・・

“ Che Buono ! “ 「 あぁ 美味しい 」




なぁ~るほど、私も真似してやってみました
あら不思議、爽やかなミントの香りが鼻から口へ、味覚が冴える冴える
お米の甘さと野菜の味がぐんと引き立つだけでなく、味わう意識までもが高まるような、ミントの威力
身体だけではなく、心の栄養剤にもなりそうな新発見の食べ方です


料理の味付け、香り付け
おもしろいし大切ですね、香りの食べ方楽しみ方



欧州人気blogランキングへ
参加しています
1クリックで元気がでます!

[PR]

by interoyoko | 2009-06-26 23:01 | モンドニコの里
2009年 06月 25日
ほったらかしなのに・・・
週明けからばたばたと、あっという間に今日は木曜日の朝
昨日はエミリア地方ピアチェンツァに出かけていました
d0075014_1642180.jpg

ピアチェンツァはカシミヤを代表とする上質の毛織物の産地です
先週の豪雨で、ポ-川に架かる橋が壊れていたりのハプニングがあったりでしたが
無事に仕事を終えることができました

おはようございます、みなさんお元気ですか!


ところで・・・
梅雨入りの明確な定義はないのだと、どこかで聞いたような気がするし
イタリアには梅雨 Stagione delle piogge という季節はないけれど

私の梅雨の定義はこの花です

d0075014_16425814.jpg

紫陽花 : Ortensia

d0075014_16445014.jpg

同じ場所に咲いていても、色も大きさも花びらも、それぞれ違ってきれいです



さてさて・・・
庭も畑も、あきれるくらい草ぼうぼう
野菜より背の高い草の中から、野菜はどこかと探し出すのもまた楽しいもの
d0075014_16451525.jpg

ほったらかしなのに、こんなにきれいに元気に育ったカブラたちを見ていると
大地の恵み自然の営みに、心から感謝の気持ちがあふれてきます

庭の野菜を使って晩御飯には、冷たいお米のサラダ Insalata di Riso を作ってみようと思います



それではみなさん 今日も一日お元気で!

欧州人気blogランキングへ
参加しています
1クリックで元気がでます!

[PR]

by interoyoko | 2009-06-25 16:46 | モンドニコの里
2009年 06月 22日
きゅうりを見て思うこと
4月12日にキュウリの種を蒔いてみた
発芽したのは4月25日

d0075014_176030.jpg

ピッティ出発前の6月13日、黄色い花が咲きました

d0075014_1761679.jpg

そして今朝、6月22日
キュウリの実が生っていました

d0075014_176418.jpg



薔薇の木に薔薇の花咲く
なにごとの不思議なけれど

-- 北原白秋 --




当たり前のことのすばらしさ
当たり前のことの美しさ

それぞれの種から生まれる野菜を手にしながら
朝日に自然と頭が下がってしまいました

d0075014_1773844.jpg

午前7時のモンドニコの空




新しい一週間の始まりです
今日という日を大切に、元気に一日を過ごしたいと思います

それではみなさんも お元気で!



欧州人気blogランキングへ
参加しています
1クリックで元気がでます!

[PR]

by interoyoko | 2009-06-22 17:09 | モンドニコの里
2009年 06月 15日
私なりの肥料作り
鉄の欄干石塀を 登るよ登るビグノニア
元気な赤いビグノニアに続き、黄色のつぼみもたくさん膨らみ始めています

d0075014_133129.jpg


この花はカレ-の香りがすると、聞いたことがあるけれど
匂いは。。。無臭です、うちのビグノニア



さてさて、野菜料理をすると必ず捨てる部分が出てきます
「あぁ、もったいないなぁ。。。もったいない」
そんな気持ちから、野菜のくずで肥料を作ってみよう!と思い立ったのが約1ヶ月前


肥料のレシピ
d0075014_1334725.jpg

野菜のくず、果物の皮、藤の花と葉っぱ、タイサンボクの花弁と葉っぱ、どれも乾燥させたもの、卵の殻も3ヶ也

使った土は、ミニ野菜畑の一角の土と
ムラサキカタバミやレンゲソウ、忘れな草、ハルシオンが咲いている一角の庭の土を混ぜてみました
どちらも数週間前から何度か掘り返してお日様に干しました
d0075014_1341642.jpg

春にはイヌフグリ、今はヘビイチゴの黄色い花が咲いている場所の土


d0075014_1343747.jpg

大きな鉢の底に、まず、タイサンボク →

その上から土 → 藤の花 → 土 → 乾燥野菜 →土






最後に フタ
フタがないので、もう一つの鉢をフタ代用、置いた場所は杉の木の下


d0075014_1353579.jpg

少しでも消臭効果、いやいや杉の木が見守ってくださるように ・・・




私と家族が食べる野菜の土いじりなので、もちろん無農薬で肥料も無しで十分なのですが
土で生かされた野菜を生ごみとして捨てるのではなく、再び土へ還したいという気持ち
そして、ちょうど発芽の季節に空から舞い散る藤の花びらと、針葉樹のタイサンボクの枯葉は、
どちらもきっと野菜畑の土にとって何十年、いやもっともっと前から一緒に生きてきた植物だろう
といった思いから、私なりの肥料作りに挑戦してみました



そんなこんなで、朝から 力仕事 庭遊びで、楽しくよい日曜日を過ごすことができました
現在夕方6時半、もう、お腹ぺこぺこです
旅行カバンの荷作りは、食事の前かそれとも後か、、、それが問題だわ




欧州人気blogランキングへ
参加しています
1クリックで元気がでます!

[PR]

by interoyoko | 2009-06-15 01:43 | モンドニコの里